おすすめのバストアップサプリとは?

バストアップサプリ → バストアップサプリについて

バストアップサプリについて

バストアップにはサプリメント利用することも効果的のようです。どのようなサプリメントが人気なのか見ていきましょう。

数あるバストアップサプリメントの中でも、プエラリアが成分として含まれたサプリメントは大変人気です。 多くの人に支持されているプエラリアですが、摂取方法を誤ってしまうとホルモンの分泌がアンバランスになることもありますし、効果が出にくいこともありますの注意が必要となります。
いろんなバストアップグッズ

どの女性ホルモンにどのバストアップサプリメントが働きかけるかということを、使用前にチェックする事が重要です。前述したプエラリアは卵胞期に取り入れることによって、成分をバストアップに有効に作用させる事が出来るといわれています。

その理由は卵胞期のホルモン、いわゆるエストロゲンに近い作用がある、植物性エストロゲンがプエラリアの中に入っているからです。植物性エストロゲンなどの成分は、昔からあるハーブや普段使いするような食材の中にもあります。

ノコギリヤシやマカ、レッドクローバーなども同様のハーブです。プエラリアと同様バストアップ効果として人気のある成分だと言われています。プエラリア以外にも、バストアップに対してや美容に対して効果的な作用を持つ成分が、大豆イソフラボンです。 大豆から作られた食材に含まれている、女性ホルモンに似た働きを持つ成分になります。

他にも、食材から取り込むことの出来るコラーゲンを口にすることによって、弾力のあるバストをキープする事が期待できるでしょう。コラーゲン含有食材も、バストアップに有効ということになりますし、バストアップサプリの種類には、コラーゲンを含んでいるものも少なくありません。

バストアップサプリにプエラリアなどの成分以外にコラーゲンを入れることによって、 バストトップをアップすることへと繋がって行くからです。

バストアップサプリを使用する前に、注意したいこともあります。 バストアップサプリは最近では様々な種類のものが、店頭やインターネットショップに並んでいます。

アレルギー体質の人は使用する前に、中に含まれている成分をしっかりチェックし、ご自分の体質に合うかどうかを把握して下さい。また、素材自体の質の高さも大切な点です。

「プエラリアを配合」と書かれていたとしても、プエラリアの質が高いものか否かということには、大きな違いがあります。しっかりと見極めて、自分にあったバストアップサプリメントを探していきましょう。

バストを大きくする脂肪注入法とは

バストを大きくする方法の1つに、脂肪注入法というバストアップ方法があります。自分の体にある脂肪を吸引してバストに注入する手術であり、脂肪注入法と一口に言っても色んな方法が実施されています。

1.脂肪注入法

吸引した脂肪を注入する方法ですが、不純物が混じっているので生着率が3割くらいしかありません。老化した細胞や血液などが不純物の中に入っているので、しこりができるリスクがあります。

2.ピュアグラフト

不純物を2割くらい除去しているので、脂肪注入法よりも生着率が高いという特徴があります。生着率は5割と言われています。

3.脂肪幹細胞注入法

血小板を濃縮させた多血小板血漿を、脂肪幹細胞と一緒に注入する方法です。胸に注入する脂肪は吸引した半分の量で済むという特徴があり、これは幹細胞吸引の為に吸引した脂肪を使うからです。生着率は6割です。

4.コンデンスリッチ

吸引した脂肪に含まれている不純物を除去して、脂肪幹細胞の割合を高くした脂肪をバストに注入します。生着率は8割で、脂肪注入法の中でも一番生着率が高く、リスクが低いので人気があります。

では、次に施術の方法を紹介します。

1.麻酔

脂肪注入法は全身麻酔が必要なく、ウエットメソッド法という局所麻酔を行います。安全性が高く、アレルギー反応が出る確率は100万分の1だと言われています。この確率は歯の治療の麻酔と同じくらいなので、極めてリスクが低いと言えるでしょう。

2.脂肪吸引

太ももや腕、お腹、おしり、腰、ふくらはぎ、背中の部位からだいたい200~500ccくらいの脂肪が吸引されます。

3.注入方法

しこりのリスクを回避する為に、複数の箇所から少量ずつ注入するマルチプルインジェクションという方法が一般的です。

脂肪注入法のメリットはメスを使用しないことや、短時間で施術が終わること、仕上がりや感触が自然なことです。デメリットは脂肪の生着率に個人差があるので、体に吸収されてサイズが不足する場合があります。

頑張っているのにバストが大きくならない理由

DVDを見てエクササイズを頑張ったり、バストが大きくなると聞いて牛乳を飲んだり…バストアップの為に頑張っているのに成果が全く出ないと悩んでいる人が多いみたいですね。

努力しているにも関わらず、どうして胸が大きくならないのかというと『理由』を考えていないからです。

いくつかバストが成長しない理由を紹介するので、該当する方は気を付けてみるといいでしょう。 意外なものがバストアップの妨げになっているかもしれませんよ。

1.体の冷え

血流が滞っていると体が冷えやすくなります。体が冷えやすい方や冷え性の方は血行を促進することが大切です。軽い運動で構わないので適度に運動するのを習慣にしたり、体幹部を温めましょう。

また、血の巡りが良くなっているお風呂上りにボディーオイルやクリームを使ってマッサージするのも効果的です。

バストアップに必要不可欠な存在である女性ホルモンは、卵巣から作り出されて血液の流れにのって体中を巡っていきます。規則正しい生活をして女性ホルモンが充分に生成されているとしても、体に行き渡らなければ意味がないのです。

2.心の問題

先程も述べたように、バストアップには女性ホルモンの働きが必要なので、女性ホルモンが不足していたり、男性ホルモンが優位な状態ではバストが育ちません。女性ホルモンが不足する原因の1つに『精神的なストレス』が挙げられます。

ご存じの通りストレスは臓器にもよくないものなので、女性ホルモンを生成する卵巣の働きが鈍くなってしまいます。女性ホルモンが生成されないと胸が大きくならないので、ストレスを溜めこまないことが大切です。

また、仕事や趣味などを頑張っている人ほど男性ホルモンが優位になると言われており、誰かと常に競争している状態に置かれているので、男性ホルモンの分泌が盛んになります。

だからといって仕事を辞めるなどしてこれらの状況を断つことはできないので、オンとオフの切り替えを上手にできるように努めましょう。